子供は未来の有望選手!駄目な子など一人もいない

放浪の旅パート6

8月29日放浪の旅に出ました。
今回のチームは中央大会で敗れた北八下ANGELS!美原北から15分ぐらいの近い距離に位置するチームだが
未だ交流する機会も無かったのでさっそく足を運びました。
あれだけの強豪チーム、いったいどんな練習を?胸をわくわくさせながらでGO!

到着すると、自治会の人達?が学校の周りを美化清掃をしていました。その中にはANGELSのチームと
思われる子供達の姿もちらほら、「偉いね、君達朝からお手伝い頑張れ!」

さて体育館に到着。すると、子供達が集まって来てみんなで激励の御挨拶。
素晴らしい!挨拶は基本中の基本、それが出来ない子供達が多い中でびっくりしました。
キャプテン筆頭に「宜しくお願いします」と大きな声で挨拶されたので、
負けずに僕も大きな声で「宜しくお願いします」と子供達に対抗!
しかしよく考えたら、宜しくお願いしますと言う台詞に見合う何かを子供達にしにきたのではないので少し照れくさかったが・・・

ざっと見た感じ子供達は15名ほど(あとから美化清掃の何名かが帰ってきて20名ほどになりました)
それでも10名ぐらい休んでるらしいです。中々人数が多いねぇ~こりゃ来年も安泰かな?あ!体育館の外で遊んでる未来のANGELSも二人ほど・・・

なんと練習なのに全員ユニフォームを着用してました。おそらく練習とはいえ
常に試合を想定しての緊張感を保つ試みなのだろうか?

第一印象!決められた練習の中でキャプテンを中心に動いてました。キャプテンの一言でメンバーが皆動く。
その統率力は中々のもの。練習の休憩の合間にキャプテンが監督に次の練習を聞きに来て、
キャプテンの指示で練習開始!監督は練習中のミスプレイを一言一言注意。
それ以外はほとんど子供達に任せられるほどみんながよく動く!

おっと一人背の高い子発見!前回と違いこの子は6年生みたいだ。
練習はほとんどがドリブルの練習だったかな?ところどころパスやシュートの練習もしてましたが。

特に印象に残ったのはほとんどの子供達がドリブルを意識して強くついてたことかな。
あれだけ強くドリブルが出来たらゲーム中でもかなり使えるね。
そして指一本ドリブルも楽々こなしてた。当然ピアノドリブルも・・・
6年生はやはり全員出来てましたが、5年生もそこそこ、びっくりしたのが3・4年生も
出来る子は出来ていたし、なにより低学年とは言え全員が難しい練習でもやるという意識の高さに感心しました。

過去「放浪の旅」で各チームに僕が目を付けてる子がいたが、ANGELSで目に留まったのは1番の子。
ANGELSは6年生全員がドリブルがかなり上手だったが、やはり左は右に比べると
少しダウンしてしまう。もちろんキャプテンも例外なく。
だけど1番の子だけは左も右と遜色なくボールを操っていた。
左利きかと思い本人に聞くと「ううん、右利き!」という。
You are nice dribble 1番!

低学年でも発見!20番の子。背がちっちゃいけど4年生かな?
3.4年生で集まっていたので分からないが、その中で僕の目が
3.4年生では難しいであろう練習もその子はなにげにこなす。
う~ん監督・・・秘密兵器ですネ


そしてスクウェア。これもみんな相手の前にちゃ~んと早いパスを出せてたので
一回、一回流れが止まる事はあまり無かった。うちでは考えられない事だ。
しかもこのしんどい練習を10分間という長い時間にもかかわらず・・・
みんな体力があるね。これも素晴らしい。体力がなければ4Qも動けないからね。

レッグスルーもやってたなぁ、その場レッグスルーで始まって、その後コートの端を往復。これも中学女バスと勘違いするほど上手に出来ていた。

最後の練習にDFに向かってドリブル→リトリート→ロールターンをやってました。
リトリートからのロールターンがかなり早い!まさにズバッと一瞬で抜き去る感じだ。

今日一日練習を見て思ったのはANGELSはかなりドリブルの練習に力を入れてるのが見れました。
注視して見ないと見逃しそうな細かいところもきちんと子供達が意識してるのは
子供達自身がドリブルの大切さをはっきり認識しているからであろう。
しかしそれを認識させている監督の手腕にも頭が下がります。
僕では最後の最後まで到底出来ませんでした。

最後に再び子供達に挨拶をされましたがもはや感動の極みです。
保護者の教育のおかげなのか、監督の指導の成果なのか、子供達自身が自らしているのか分からないが、
「挨拶をする」現代の子供達にとっては難しいのかもしれない。
しかしANGELSの子供達は忘れ去られた‘子供らしさ‘を確かに持っていた。
いくら大人達が言ったところで中々あそこまでは出来ないもの。
ということは子供達それぞれがそういう意識をもっているのだろう。

どこへ「放浪の旅」に行っても子供達は照れながらもみんな挨拶をしてくれる。
なかでもここまで統率力を持ったANGELSは本当に素晴らしい。
WILD CATSの子供達も統率力を持ったみんな素晴らしい子供達
うちのチームの子供達に教えたかった事をANGELSの子供達は出来ている。
6年生がみんな下級生に教えているからなのかな?それが代々受け継がれているのではないか?

子供達に聞きました。「どこのチームと一番対戦したい?」
すると逆に「芝っ子とたたかいたくな~い」「しらさぎもいややなぁ」
う~ん戦いたくない相手の方がイメージ強いのか・・・
「昨日しらさぎとビクトリーどっちが勝ったん?」
「ん?しらさぎ負けたで」と言いましたが・・・
「え~うそ~」「なになに?」「しらさぎ負けたんやって」

中央でしらさぎに負けたのが少し心に残っているのか、
さすがのANGELSの子供達も驚きを隠せないようでした。
ANGELSのみんな、上には上がいてるよ。しかし負けて悔しいと言う思いが
チームを強くする。それを持っている君達はもっと強くなる。
今日の練習はびっくりする事だらけでした。君達の強くなりたいという思いが
ひしひしと伝わりました。あれほどの厳しい練習に耐えれるのだから・・・
今後も頑張ってネ

監督様、今日はありがとう御座いました。中々素晴らしい子供達で、
監督自ら子供達を褒めるだけの事はありました。
みんな人懐っこい子達であの笑顔が癒しになりますね。
二人の低学年の子供達もこっちへやって来て照れながら
「あのな、この子がこの人誰?て言ってる」「そんなん言ってない」などのやりとりも
子供らしさがとても出ていました。本当に良い子供達で監督が羨ましいです。

保護者の方々も10名ほどいてましたが皆さんお忙しい中ご苦労様でした。
やはり保護者の協力あってチームが成り立ちます。
保護者の協力が無かったり指導者のやり方にケチをつけるようでは
そのチームは強くならないでしょう。
あ!そうそうコーヒーもありがとうございます。
どこへいってもずうずうしく頂いております。
モコのブログへようこそ!
tmitter
オーバータイムの練習
審判のスキルが少しはアップすると思います。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
月と星と妖精
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投票大阪市ミニバス
大阪市で他のチーム名知ってる方いらしたら教えて下さい
投票南大阪ミニバス
南大阪で他のチーム名知ってる方いらしたら教えて下さい
投票東大阪ミニバス
東大阪で他のチーム名知ってる方いらしたら教えて下さい
投票豊中市ミニバス
豊中で他のチーム名知ってる方いらしたら教えて下さい
投票堺ミニバス
堺で他のチーム名知ってる方いらしたら教えて下さい
投票東
東ブロックで他のチーム名知ってる方いらしたら教えて下さい
投票南
南ブロックで他のチーム名知ってる方いらしたら教えて下さい
投票埼玉地区
投票岡山地区
岡山地区で他のチーム名知ってる方いらしたら教えて下さい
投票浜松地区
浜松で他にチーム名知っている方いてましたら教えて下さい。